Best & List       
 
東京プレミアムハンバーガー
File.No1

 ■the 3rd Burger
フレッシュな手作りハンバーガーが食べられるお店です。”これまでに無い、体が喜ぶハンバーガーが作りたい”という想いから、店内で生のブロック肉からミンチにして成形するこだりのパティ、お店で発酵させて焼きあげるバンズ、新鮮な野菜を使っていることから、そんなコダワリが意識高い系に評価されています。店名を冠したthe 3rd Burgerは、何種類もの野菜がそこに割り込んできても、不思議とバラバラ感がなくハンバーガーとして一つの味を作り上げています。話題のiBeaconも体験できるので、ぜひ来店して絶品のハンバーガーを味わってみては如何でしょうか。

■お店の詳細な情報はこちら

 
 ■SHAKE SHACK
ニューヨークで生まれた、「道ばたのバーガースタンド」をコンセプトにしたお店です。2001年、ニューヨークにあるマディソンスクエアパークの再生を目的としたアートイベントに1台のホットドッグカートを出店。2004年、ニューヨーク市より功績が認められ、公園内の常設店舗としてシェイク シャックが誕生しました。パティは「ホルモン剤を一切使用していない100%オールナチュラルのアンガスビーフを使用」と謳われており、しっかり肉の味がします。波型のポテトは、塩は少し控えめ。チェダーとアメリカンチーズのトッピングはもちろん、ケチャップ、マスタードともよく合います。

■お店の詳細な情報はこちら

 ■Carl's Jr.
カールスジュニアは1941年に南カリフォルニアで誕生しました。創業者がはじめた小さなホットドックカートが原点です。今では全米で5番目の店舗数を持つハンバーガーチェーン店ですが、グルメバーガーのような高級ハンバーガーが、手頃な値段で食べられます。ハンバーガーに使うパティは、ブラックアンガスビーフを100%使用しており、鉄板ではなく、全て炭火焼きで調理しています。野菜の新鮮さにもこだわり、野菜の調理も全て店舗内で行っています。「made Fresh to Order」という考え方のもといつも出来立てのハンバーガーが提供されます。

■お店の詳細な情報はこちら

 
 ■BROZER'S
ブラザーズがオープンしたのは2000年ですが、まだ東京ではグルメバーガーという言葉が浸透していなかった時代でした。BROZERS'のZには「最後までやり通す」という意味が込められています。看板メニューの「ロットバーガー」は、ベーコンにチーズ、エッグ、パイナップルをトッピングした贅沢なハンバーガーですが、ブラザーズの特徴の一つは見た目が美しいことです。これだけの具材を入れていながら、全く崩れない丁寧な積み上げ方をしています。そして、最初の一口でバンズのサクッとした歯ごたえに驚くことでしょう。その秘密はバンズの処理にあり、一度冷凍することにより余分な水分を飛ばしているのです。その後にパティの肉汁が口の中いっぱいに広がります。

■お店の詳細な情報はこちら

 
 ■KUA`AINA
1975年にテリー・トンプソンによってハワイ・オアフ島の北西海岸にある世界中のサーファーには特に有名な街ハレイワに開店したサンドイッチショップ「Kua Aina Sandwich Shop」が元祖です。ハワイで一番美味しいと言われているハンバーガーショップだけあって、味やボリュームから根強いファンから支持されています。バンズが3種類「カイザーロール」「全粒粉」「ライ麦」から選べ、パスタの原料としておなじみのセモリナ粉を使用しており、油脂が少なくサックリとした食感を楽しめます。黒ケシの実で表面を飾り、芳ばしさがプラスされています。細くてちょっとカリッとした独特な食感のフライドポテトも人気です。

■お店の詳細な情報はこちら

 
 ■UMAMI BURGER
ロサンゼルス発祥で、TIME誌の「史上最も影響力のある17のバーガー」に選出されるなど、アメリカ国内で高い人気を誇る、黒船ともいうべきハンバーガーショップが、青山の地に来航しました。“UMAMI” とは日本語の「旨味」に由来し、創設者のアダム・フライシュマンが、旨味を最大限に引き出す調理法を確立し作りあげたハンバーガーであることから『UMAMI BURGER』と名付けられたそうです。看板メニュー”UMAMIバーガー”は、基本の味付けはケチャップだけのシンプルなハンバーガーですが、肉汁たっぷりのパテに、カリカリにしたチーズ、シイタケ、トマトなどが複雑な旨味を醸し出す、丁寧に作られているハンバーガーです。

■お店の詳細な情報はこちら

 
|